葉酸不足 理由

葉酸がなぜ不足してしまうのか

葉酸が赤ちゃんの生育に欠かせない重要な栄養素だと解っていても、一日の必要量が摂れていない女性は多いです。

 

葉酸が不足してしまうには2つのポイントがあるといわれています。

ダイエット

食べないと自然に痩せると思っている人は多く、
実際に摂取カロリーは減っているので痩せていきます。
しかし体内の組成は恐ろしい変化を遂げているのです。
まず食べないと消費エネルギー源として筋肉を分解するので筋肉が減ります。
それから身体が飢餓状態なので、
脂肪を蓄えようとして代謝が悪くなります。
食べないと様々な栄養素が不足して髪や肌にも影響が現れます。
そこで結婚して赤ちゃんを授かっても、
慢性的な栄養不足で葉酸が足りていない状態だと、
胎児に深刻な影響が出るかもしれません。
葉酸は妊娠前からの補給が重要なので、
妊娠してからでは追いつかないことが多いのです。
ダイエットでキレイになりたいと思うならバランス良く食べて、
量を少し減らしたり運動を併用して身体の組成が変わらないようにしましょう。
出産後の体力を確保したいので、栄養のある食品を食べておきたいですね。

生活習慣

若い女性の一人暮らしでは、
深夜帰宅して食事をしようとしても外食は難しかったり、
コンビニ食は気が進まず食べないで眠ってしまう人も多いそうです。
ついインスタント食品を食べてしまう人は、
野菜を切って冷凍しておくと誘惑を断ち切れるのでお勧めです。
一人暮らしの食事はテンションを保たないと味気なくなる事がありますが、
工夫してヘルシーな食卓を演出したいですね。
そこで常備菜を作っておくと気楽に食事が摂れるのでお勧めです。
冷蔵庫に常備してすぐ食べられる葉酸を多く含む食品は、
カマンベールチーズ、卵、納豆、ウナギ、枝豆、穀類が入ったパンなどですが、
様々な食材に葉酸は含まれているので、
出来るだけ品数を多く摂るようにしましょう。
一人で暮らしていると朝寝坊しがちで、
食事の回数が減ってしまいます。
すると葉酸が不足してしまうので葉物野菜でスムージーを作ったり、
粉末状の手軽に使える青汁で葉酸を補給するのもお勧めです。

サプリメントも効果が高く吸収が非常に良いので、
葉酸の補給だけではなく貧血予防にもなります。